島根大学 医学部救急医学講座 附属病院救命救急センター
ポリシー 人と環境 人材募集 研究と活動 インフォメーション
ジェネラリストとは 救急医学講座と救命センター 専従医 研究・業績 問い合わせ
活動環境 復帰医師・非常勤医師 教育活動 アクセス
スタッフ  
人と環境
ジェネラリストとは

組織のしくみ

組織図


救急医学講座は、島根大学大学院医学系研究科に所属する組織です。医学系研究科には、解剖学や生理学をはじめとする「基礎系講座」と、内科学や外科学などの「臨床系講座」の2つがあり、本講座は臨床系講座に分類されます。

救命救急センターは、島根大学医学部附属病院に属しています。島根県で唯一の研究・教育機関として、最新のプライマリーケアのみならず、集学的かつ高度な先進医療を提供するとともに、24時間体制で地域医療向上に貢献しています。
 

島根大学医学部大学院医学系研究科のウェブサイト
http://www.med.shimane-u.ac.jp/graduate/index.html
島根大学医学部附属病院のウェブサイト
http://www.med.shimane-u.ac.jp/hospital/index.html

救命救急センターの医療

救命救急センターでは、専従医師と各専門診療科の医師が協力連携し、すべての救急患者さんを受け入れ、初期診療にあたっています。まず救命救急センター専従医師(※)が診察し、入院を含む専門治療が必要と判断すれば、いつでも該当診療科に連絡し、診察治療を依頼できる体制をとっています。また血液検査、全身のCT検査、頭部MRI検査、血管撮影、内視鏡などの緊急検査も常時施行でき、先端医療機器の活用による高度な専門医療も提供しています。構内にはヘリポートがあり、島根県のドクターヘリ事業に参画して積極的な患者の受け入れを行っています。

どのような症状やケガでも、軽症であっても生命にかかわる重症であっても、子供から大人まで、あらゆる救急の疾患を取り扱っています。具体的には頭痛、胸痛、腹痛、手足の麻痺やしびれ、動悸、発熱、嘔吐・下痢などの症状、打ち身や捻挫をした方から、脳卒中・急性冠動脈疾患・大動脈疾患などをはじめとする心臓や大きな血管の緊急手術を必要とする方も、24時間いつでも受け付けています。
 

※救命救急センター専従医師とは、日本救急医学会の指導医、専門医、内科専門医の資格を有する者で、各診療科の質の高い最先端の救急医療を提供できるよう日々研鑽を積み、若手スタッフや研修医・研修生の指導を行います。

 

このページの上部へ