島根大学 医学部救急医学講座 附属病院救命救急センター
ポリシー 人と環境 人材募集 研究と活動 インフォメーション
ジェネラリストとは 救急医学講座と救命センター 専従医 研究・業績 問い合わせ
活動環境 復帰医師・非常勤医師 教育活動 アクセス
スタッフ  
ポリシー

「ER」1st season 第12話 その3 「腹部外傷」

■21分00秒–23分55秒
ヘリで交通事故の患者さんが搬送されてきます。

MVA:motor vehicle accident
scooped and flew
患者さんの状態が悪い時には、現場での処置に時間をかけず、一刻も早く
搬送します。これをscoop and run と言います。
 scoop:すくいあげる。 名詞はスコップです。
ヘリで飛んでいるのでrunのかわりにflew(flyの過去形)を使っているのでしょう。

よく似た言葉でload and go があります。
こちらは「5分以内に応急処置をしてから搬送すること」です。

この場合は輸液をおこなっているのでload and go と言っていいと思います。


peritoneal lavage :腹腔洗浄
腹腔内に清潔な生理食塩液を入れて、出てきた液の状態で
腹腔内出血や消化管損傷を判断する処置。

Carter 君は気管挿管を見事に入れた上に
きちんと申し送りができました。
第3話の時と大違いです。

probable ruptured spleen :腹腔洗浄が陽性なので、脾損傷と思われる。
左上腹部の損傷なのでしょう。
(脾損傷については1st season第2話その2参照)

「ER」目次へ


このページの上部へ