島根大学 医学部救急医学講座 附属病院救命救急センター
ポリシー 人と環境 人材募集 研究と活動 インフォメーション
ジェネラリストとは 救急医学講座と救命センター 専従医 研究・業績 問い合わせ
活動環境 復帰医師・非常勤医師 教育活動 アクセス
スタッフ  
ポリシー

「ER」1st season 第12話 その6 「研修医はつらいよ」

第12話ではCarter 君が、Benton先生へ不満を持つsceneが何度かあります。
指導らしい指導をしてくれず、雑用ばかり言いつけられる、と感じています。

■8分20秒
disimpaction:摘便
ひどい便秘になると、便が硬くて自力ではだせなくなります。
指で大便を掻き出す処置が必要になります。

impact:「インパクト」日本語でも「強い印象」や「衝撃」の意味で使われますね。
impaction:はめ込む、固着
その否定形で、はめ込まれた便を出すので「摘便」

なんでこんなことばかり、やらされるんだ!

■17分48秒–18分25秒
Carter君はDr Greeneに相談しています。
Dr Greeneは、Dr Bentonを理解しているようです。

大工さんでも料理人でも、修行の最初は雑用から始まります。
Carter君は学生ですが、研修医でもある程度は雑用をしなければなりません。

しかし雑用と思われるような仕事も、実は将来役立つことが多いのです。
筆者もdisimpaction を何度もやりましたが、
患者さんが良くなって帰られるのをみると、うれしく思いました。

がんばれ、Carter君。
巨匠と呼ばれるその日まで!

「ER」目次へ


このページの上部へ