島根大学 医学部救急医学講座 附属病院救命救急センター
ポリシー 人と環境 人材募集 研究と活動 インフォメーション
ジェネラリストとは 救急医学講座と救命センター 専従医 研究・業績 問い合わせ
活動環境 復帰医師・非常勤医師 教育活動 アクセス
スタッフ  
ポリシー

「ER」1st season 第14話 その3ほか  「三環系抗うつ剤・トルサデポア・人形の目」

1st season 第14話 その3 三環系抗うつ剤・トルサデポア・人形の目

■9分18秒–10分52秒
32歳、女性。suicidal attempt
OD:over dose
tricyclics:三環系(抗うつ剤)  大量服用では不整脈など心臓への毒性があります。

Narcanとglucose:1st season 第1話 その3参照
pump her stomach:胃洗浄のことのようです。
Ewald tube:胃管の商品名
(activated) chacoal:活性炭 消化管内に残っている未吸収薬物を吸着します。
shrink:精神科医

capillary refilling time:毛細血管再充満時間
 末梢循環の指標です。
 トリアージ(1st season 第10話 その1参照)のときに使われます。

bicarb:sodium bicarbonate 重炭酸ナトリウム

Torsade:Torsade de Pointes:トルサデポア(フランス語)
心電図でQRSの形が一拍毎に変化してねじれたように見える=多形性心室頻拍
(Torsade:英語ではtornade:竜巻。野茂選手トルネード投法)

トルサデポア

QT延長症候群で起こります。また薬剤によって起こることもあります。
今回は三環系の大量服薬の影響でしょう。
(その前の画面の波形は、Torsade de Pointes ではなく、QRSのそろった心室頻拍VTでした。)

硫酸マグネシウムが有効な治療法です。
しかし、PEAからAsystole になってしまいました。

■11分24秒–12分59秒
doll’s eye:人形の目現象。脳幹brain stem 反射の一つです。
 意識障害がある時に、頭部を受動的に急速に左右に動かすと眼球はその反対方向に動く。
 つまり、視線が正面に残るように動きます。これを人形の目現象と呼びます。
 この反射がなくなると、目は動かしたほうを向きます。
  (頭を動かすと眼球が動くのは高級な人形ですね)

ここでは、doll’s eye が見られないので脳幹がもう機能していない、と言っています。

日本の脳死判定基準の脳幹反射の7つのうちの1つに採用されています。

人形の目

皆の奮闘むなしく、患者さんは亡くなってしまいました。
Dr Greene、死亡時間をきちんと宣言せずに立ち去ったのはいけませんね。
line
4th season 第4話 その1 doll’s eye


■13分18秒–14分58秒
27歳の女性が、意識障害で運ばれてきました。
Dr Carterが診察を始めます。
cornea reflex:角膜反射  脳幹反射の一つです。
 これも日本の脳死判定基準の脳幹反射の7つのうちの1つに採用されています。

次にdoll’s eyeの説明を家族にしています。
Seeing if eye movement adjusts to changes in head position.
It’ll tell us if there’s brainstem involvement.
しかし、doll’s eye response がみられません。

■16分17秒–16分53秒
decerebrating:除脳硬直になりつつある。
 現在は痛み刺激sternal rub で上肢が屈曲しているので、decorticate posture です。

■20分32秒–23分10秒
意識が戻ったようです。しかしCTをよく見ると出血があるようです。
警告リーク(leak):警告出血。血管から少し出血して症状が現れたときに適切に対処しないと、数時間以内に2回目の大出血をおこして致死的となります。
その1回目の出血があたかも警告のようなので、そう呼びます。

すぐにMRIに行きました。

■29分10秒–30分25秒
MRIの部屋に金属類をつけて入ると、たいへんなことになるのですが、この場面では
その配慮が足りないですね。

aneurysmがみつかりました。

■32分25秒–33分01秒
手術の手配をしています。

■36分28秒–36分47秒
clipping手術はうまくいったようです。
しかし、手術がうまく終わっても、必ずfull recovery とは限りませんが。


「ER」目次へ


このページの上部へ