島根大学 医学部救急医学講座 附属病院救命救急センター
ポリシー 人と環境 人材募集 研究と活動 インフォメーション
ジェネラリストとは 救急医学講座と救命センター 専従医 研究・業績 問い合わせ
活動環境 復帰医師・非常勤医師 教育活動 アクセス
スタッフ  
ポリシー

「ER」1st season 第2話 その3ほか 「除細動について」


心室細動 (Vf:ventricular fibrillation) および無脈性心室頻拍 (pulseless VT: ventricular tachycardia) の最も重要な治療は電気的除細動 (defibrillation) です。
この治療はERで良く出てきます。(1st season第1話その2 参照)

除細動をかけるときは必ず “Clear” と周囲に声をかけます。
「みんな、離れて!」という意味です。

1st season 第2話 その3

■5分28秒–6分28秒
肥満の男性が胸痛chest pain のため受診しています。

Carter君はしどろもどろなので、患者さんはBeginner だな、と言っています。
ここはteaching hospital 医学生や研修医が研修する病院ですので。

It’s like somebody is squeezing my chest.
絞めつけられるような痛みと表現しています。
いかにも心筋梗塞myocardial infarction を思わせる表現です。

しかしLewis 先生はEKG is normal. なので
(EKG:心電図 1st season第15話その1 参照)
Dr Carter will keep an eye on you while we wait for the enzyme results.
心筋酵素の結果が出るまでカーター先生が注意して診ます。

■10分20秒–11分40秒
ところが、Carter君が様子を診に行くと突然意識を失います。
モニターをみるとVTです。
さあ大変、すぐに人を集めようとしますが、他のstuff はみな忙しそうで来てくれません。

Carter君はまだ自分でやったことはありませんが、ここは自分でやるしかない!
とにかく除細動器defibrillaterを引っ張ってきて、準備します。

Carter君の除細動のおかげで一命をとりとめました。
Carter 君満足そうな表情です。でも患者さんは何がおこったのかわかっていませんね。
Beginner に命を救われたんだよ。

Carter君は除細動をかけるときに “Clear” と大声をだしています。
周囲に誰もいないのに。ちょっと笑ってしまいます。
でもこれはとても大事なことなのです。
なぜかというと…

1st season第13話 その2

■25分28秒–26分18秒

Can you teach me how these work?
学生が除細動器の使い方をCarter君に尋ねていますが、

Some other time.
 今忙しいので、また今度ねー。 
 
ここで教えておかなかったために大変な事態に。

Body Packer (1st season第13話 その1 参照)が急変したので治療しています。

We need this crash cart in Four.
 4番の診察室でこの救急カートが要るんだ。

救急カート:緊急時に必要な挿管・注射器などの物品・adrenalin などの薬剤・
除細動器defibrillatorなどをまとめたカートです。

PVC:心室性期外収縮premature ventricular contraction が出て、lidocaineを、
と言っているうちに心室細動になりました。

He is in fib. :fib =fibrillation

学生がCarter君に除細動器のパドルpaddles を渡そうとして誤って除細動をかけてしまいます。
このように患者以外の人に通電する危険があるので、患者にpaddles をあててから充電するべきで、充電した状態で渡してはいけないのです。

除細動がかかると普通の人でも心拍が止まるのです。
除細動をかけるときに、必ず "Clear" と周囲に声をかけるのも、感電をふせぐためなのです。

でも、Dr Greene は卒倒したCarter君は200J だから大丈夫だろう、と患者の治療に専念しています。

Why don’t you check on him, okey?
 誰かCarter君を診てやってよ。

ほんとに大丈夫かなあ?

除細動器には単相性と二相性があり、単相性では200, 300, 360とジュール数を上げていきます。
ですからDr Greene は「次は300J」three hundred と指示しています。

ただし、300 で通電する前に、患者は “no, no” と言っているようです。
反応があるのですから、通電の必要はないように思えますが。

■36分33秒–37分40秒
Carter君は無事意識を取り戻したようです。

guaiac:グアヤック反応。便潜血を調べる検査。 (guaiac は物質の名前。)
最近はヒトヘモグロビン法が一般的です。
rectal:rectal examination。直腸診

知らないうちに学生に肛門を見られたとCarter君は驚いています。
それにしても被害者なのにCarter君をからかうなんて、Hereh も人が悪いですね。

「ER」目次へ


このページの上部へ