島根大学 医学部救急医学講座 附属病院救命救急センター
ポリシー 人と環境 人材募集 研究と活動 インフォメーション
ジェネラリストとは 救急医学講座と救命センター 専従医 研究・業績 問い合わせ
活動環境 復帰医師・非常勤医師 教育活動 アクセス
スタッフ  
ポリシー

1st season 第20話 その3+3rd 第13話 その1「性感染症」

性感染症 sexually transmitted diseases

ときとして、病気のために他の人に知られたくないことも明らかになることがあります。


1st season 第20話

■29分16秒–30分51秒
しゃっくりの精査で肝膿瘍liver abcessがみつかりました。(1st season 第20話その2参照)

In cases when an apparently healthy young individual like you has such an unusual illness, we need to consider the causes.
若くて元気な(糖尿病diabetes mellitusなどの基礎疾患のない)人が、
肝膿瘍liver abcessという感染症をおこしているので、原因を考えなくてはいけません。

患者さん一人に話そうとしますが、
婚約者と一緒で良いよ、「何も秘密はないから」
We don’t have any secrets.

しかし、性行為に関連した感染症sexually transmitted diseases (STD) が
疑われています。本当に絶対に思い当たることはないの?

I need to ask you some difficult questions.
HIV感染をおこすriskのあることをしていないか質問する必要があるのです。
後天性免疫不全症候群(Acquired Immune Deficiency Syndrome; AIDS)を疑っています。

Have you ever used IV drugs?
Have you had unprotected sex with men, or prostitutes?

と、聞かれて彼は絶句してしまいます。

■39分45秒–40分52秒
婚約者は感染が心配です。
Is there a chance that I might be sick?

しゃっくりひとつでこんなことになるなんて…
つらいですね。


肝膿瘍liver abcessなのでbacteriaの塊と説明していますが、
このような場合にはアメーバ赤痢も考慮しなければなりません。

line
3rd season 第13話

■6分55秒–7分31秒
若い夫がheadache頭痛・不眠insomnia(⇔傾眠:somnolence)・浮遊感dizzinessで受診します。

When he woke up, he didn’t know where he was.
起床時にどこに居るかわからなかった。

見当識障害ですね。

■19分15秒–19分50秒
assistantのBouletが重要な所見を発見し報告しています。
Dr Gregが眼の動きを見ています。

Accommodation without direct response to light.
accommodation:輻輳。焦点を目に近づけると眼球がきちんと注視する、
いわゆる「寄り目」になること。
direct response to light:直接対光反射
ですから「輻輳はできるけれど直接対光反射がない」と言っています。

これをArgyll Robertson瞳孔と言います。
「Robertsonを呼ぼう」ではありません。

次に膝蓋腱反射patella tendon reflexを診ています。

髄液検査をしよう。
LP tray:LPはlumber puncture腰椎穿刺の略

■25分56秒–26分32秒
髄液の細胞を顕微鏡で診ているようです。
neurosyphilis:neuro-神経の。syphilis:梅毒

この疾患では頭痛・不眠・見当識障害、Argyll Robertson瞳孔や膝蓋腱反射の消失(Westphal徴候)などが出現します。それで膝蓋腱反射を診ていたのです。(画面では消失していないようにも見えますが)

privacyの問題もあり、本人だけに告知するかどうか。

■29分16秒–30分51秒
夫婦は説明を二人で聞くことを選択します。

It’s sexually transmitted.
It takes 7 years for symptoms to arise after the initial infection.


すると思いがけない結果が…

「ER」目次へ


このページの上部へ