島根大学 医学部救急医学講座 附属病院救命救急センター
ポリシー 人と環境 人材募集 研究と活動 インフォメーション
ジェネラリストとは 救急医学講座と救命センター 専従医 研究・業績 問い合わせ
活動環境 復帰医師・非常勤医師 教育活動 アクセス
スタッフ  
ポリシー

「ER」1st season 第21話 その2 「結核」


■9分27秒–11分03秒
咳coughが続く女性が来院しています。

How long have you had that cough?
A week. two.
  1週間、いや2週間くらいかしら。

あやしい答えです。

Have you been coughing anything up, like blood?
 なにか咳とともに出てきますか? 血とか。

tuberculosis:結核
子供や家族もいるようです。

Fevers? Night sweats?
 熱や寝汗はありませんか?

結核の特徴は、発熱・しつこい咳・寝汗などです。
日本でもかつては不治の病として恐れられ、猖獗をきわめました。
抗菌薬の発達とともに終息したかに見えましたが、
現在でも若い人に感染するなど、再興感染症として注目されています。

しつこい咳をみたら、必ず考えなければなりません。

It’s very contagious.
  とても感染しやすいのです。

Carter君はあわててハンカチで鼻をふさいでいますが、そんなものでは防げません。

What's she so afraid of?
She’s probably illegal.

 なんであんなに怖がっているんでしょう。
  不法滞在かもしれないね。

We go to get Mrs. Salazar into an isolation room.
 隔離できる部屋にご案内しよう。

She needs a chest x-ray, acid-fast stain and sputum culture.
 胸部レントゲン、抗酸菌染色と喀痰培養が必要だ。


■16分58秒–18分05秒
やはり結核でした。
患者がつけているのが結核菌の拡散を防ぐN95maskです。

しかし、患者は忠告を無視して帰ろうとします。
日頃温厚なDr Greene も怒っています。

■26分24秒–26分35秒
いなくなってしまいました。

■41分51秒–42分26秒
しかしMrs. Salazarは一家を連れて戻ってきました!
温かく迎えるDr Greene です。

結核の治療は、これから何か月も続く闘いになるでしょう。

「ER」目次へ


このページの上部へ