島根大学 医学部救急医学講座 附属病院救命救急センター
ポリシー 人と環境 人材募集 研究と活動 インフォメーション
ジェネラリストとは 救急医学講座と救命センター 専従医 研究・業績 問い合わせ
活動環境 復帰医師・非常勤医師 教育活動 アクセス
スタッフ  
ポリシー

「ER」3rd season 第7話 その1  「ハイムリック法」


ハイムリック法 Heimlich maneuver /『ミセスダウト

先日クリントイーストウッドさんが窒息しかけた人をハイムリック法で救助したというnews がありました(2014年2月)。これは食べ物などの異物を咽喉につまらせた人の心窩部を後ろから強く圧迫して、出させる方法です。
この方法は『ミセスダウト』(1993)という映画で出てきます。何度もテレビ Television で放映されたのでご覧になった方もいると思います。子供を愛する父親がおもしろいので、ぜひ一度見てみてください。

『ER』では3rd season 第7話にちょっと出てきます。

■1時間43分45秒―44分55秒
離婚した父親が家政婦に化けています。元の奥さんとボーイフレンド(Pierce Brosnan:第5代の007 Double O Seven も演じたいい男)がDinner を楽しんでいて、食事を咽喉につまらせます。そこで主人公がハイムリック法で助けるのです。窒息しかけた彼を見て元奥さんが、“He is choking!” と叫んでいます。

choke:窒息する。窒息した人が自分の咽喉を押さえる様子をchoking sign と呼びます。

実は最初に家政婦として面接のときに(40分50秒)
“Expert in first aid and CPR” and Heimlich manoeuvre.
と言っています。

first aid:応急処置
CPR:cardiopulmonary resuscitation:心肺蘇生法
manoeuvre:maneuver のイギリス式表記 イギリス出身の設定なので。

「私は応急処置や蘇生のやり方も知っています。また子供はいろんなものを口に入れるので、窒息の対処の仕方も知っています。」と自分を売り込みます。これが後の場面の伏線になっているのですね。

それにしてもちゃんとハイムリック法ができたクリントイーストウッドさんは、すごいですね。


「ER」目次へ


このページの上部へ