島根大学 医学部救急医学講座 附属病院救命救急センター
ポリシー 人と環境 人材募集 研究と活動 インフォメーション
ジェネラリストとは 救急医学講座と救命センター 専従医 研究・業績 問い合わせ
活動環境 復帰医師・非常勤医師 教育活動 アクセス
スタッフ  
ポリシー

「ER」3rd season 第9話 その1 「メッケル憩室」


メッケル憩室(Meckel’s diverticulum)は、回腸にできる憩室〔けいしつ〕です。
vestigial remnant of the omphalomesenteric duct:卵黄腸管の遺残物です。
種々の合併症をきたすので重要です。胃粘膜が迷入することが多いのです。

■2:45–3:08
Dr Benton と Dr Carter がこのMeckel憩室の復習をしています。
Meckel憩室には2の法則:the rule of twos があります。

Meckel’s occurs in 2 percent of the population.
 Meckel憩室は人口の 2%にみられる。
The diverticulum is located 2 feet from the ileocecal valve.
  Meckel憩室は回盲弁(Bauhin弁)から 2 feet(約60cm)の位置にある。
 (もちろん 2 feet 口側の回腸ですね)
 (他にも 2 inches in length. Meckel憩室の長さは2インチ:約6.6cmなどがあります)

Diagnosis; 診断は
 Thechnetium pertecnetate imaging.
放射性同位元素 99mTc を用いたシンチグラフィが有名です。

Complications;
 Intestinal obstruction, hemorrhage, volvulus, inflammation, and perforation.
 合併症には腸閉塞、出血、捻転、炎症、そして穿孔があります。

Treatment;
 Excision.
 治療は切除です。

Meckel憩室

「ER」目次へ


このページの上部へ