島根大学 医学部救急医学講座 附属病院救命救急センター
ポリシー 人と環境 人材募集 研究と活動 インフォメーション
ジェネラリストとは 救急医学講座と救命センター 専従医 研究・業績 問い合わせ
活動環境 復帰医師・非常勤医師 教育活動 アクセス
スタッフ  
ポリシー

「ER」4th season 第1話 その1「頚髄損傷」


頚髄が損傷すると、両手足が動かなくなるなど重篤な障害がのこります。

■23分30秒–25分05秒
転落外傷の30歳男性が搬送されてきます。

Flaccid paralysis in all four extrimities with loss of sensation.
 四肢すべて筋が弛緩して麻痺しており、感覚もない。

これを聞いただけで頚髄損傷が疑われます。

しかし、それではその前のBp60、Pulse120.が合いません。
頚髄損傷であれば血圧低下と徐脈が起こります。
pulse120と頻脈なのでどこかに出血をおこしている可能性があります。
それでDr Bentonがすぐに腹腔洗浄をして腹腔内出血を確認しています。

■26分27秒–26分50秒
Dr Weaver が頸椎側面のレントゲンで解説しています。
たしかにこのレントゲンは第4と第5の頸椎がずれています。

At the moment, his C-4 nerve, the one between the fourth and fifth vertebrae,
is still functioning.

 今は彼の第4頚髄(第4と第5頸椎の間から出ている)は機能しています。

この説明は誤りです。
頸椎は7つあります。神経である頚髄は第8まであります。
頭蓋と第1頸椎の間からでるのが第1頚髄、
第1頸椎と第2頸椎の間から出るのが第2頚髄、の順です。
ですから第4と第5頸椎の間から出るのは第5頚髄です。

Meaning he can move his diaphragm and shrug his shoulders.
 第4頚髄が機能していると横隔膜が動く(ので呼吸ができる)し、
 肩をすぼめることができる。

But if the swelling continues, then he becomes a C-3.
 しかし腫脹が続くと、第3頚髄まで損傷する。したがって

He will lose the ability to breathe on his own.
 呼吸ができなくなるでしょう。

■28分24秒–29分03秒
針で刺して痛覚がどこまで残っているか見ています。
胸骨切痕の部分はC3領域です。痛覚が残っています。

■30分35秒–31分28秒
妻に急いで来院するように伝言しています。

■37分32秒–37分54秒
妻が到着しました。Dr Greene が説明しています。

■38分37秒–40分17秒
妻と話していますが、呼吸が悪くなってきました。
血液ガス分析です。
Po2:65、Pco2:50(字幕のPCA 250は間違いです。吹き替えは正しい)
動脈血中の酸素分圧が下がり二酸化炭素分圧が上昇しました。
もう待てません。
気管挿管になりました。

Dr Weaver やDr Greene が恐れていたように頚髄の損傷が拡大して
diaphragmが動きにくくなっているのです。

彼が助けた少年は助かりそうです。
彼にとっても妻にとっても、せめてもの救いです。
4th 第1話 その2 参照)

「ER」目次へ


このページの上部へ