島根大学 医学部救急医学講座 附属病院救命救急センター
ポリシー 人と環境 人材募集 研究と活動 インフォメーション
ジェネラリストとは 救急医学講座と救命センター 専従医 研究・業績 問い合わせ
活動環境 復帰医師・非常勤医師 教育活動 アクセス
スタッフ  
ポリシー

「ER」4th season 第15話 その2  「瓦礫の下」

Dr Cordayが事故現場の診療にあたります。

■1分35秒–5分00秒
 triage:トリアージ。多数傷病者の時の重症度の判定(1st season 第10話 参照)
 under rubble:瓦礫の下
 confined-space:閉じ込められた空間
 claustrophobic ← claustrophobia 閉所恐怖症 ⇔ agoraphobia
動けない傷病者を発見しました。

■7分15秒–8分40秒
瓦礫にはさまれた患者の治療を始めます。
 broken ribs:多発肋骨骨折
 wriggle his toes:足先は動かせる。

 amputate:切断
 bone saw:sawは「のこぎり」 骨を切断するための手術器具
  チェーンソーchain saw 電動のこぎり

■9分30秒–9分55秒
 ware hause:倉庫
 tib-fib fracture:tibia-fibra 脛骨と腓骨の骨折
 two IVs in the field 外傷なので輸液路を現場で2本確保しています。
 Blood trauma:leg traumaか

■10分45秒–12分25秒
引火の可能性があるのにoil を使うでしょうか。ちょっと心配。
 (実際、あとの場面では扇風機を使おうとしたJerryをDr Carterが引火するからと、
 あわてて止める場面があります。20分05秒)
Don’t plug that in! Sparks might ignite the fumes.
 ignite:点火する。ignition:点火 イグニッション

■16分28秒–17分02秒
とうとうひきずりだすのに成功しました。

■19分15秒–19分36秒
 crush injury to the right arm:右腕の挫滅創

We had a prolonged extrication.
 
  圧迫から解放するのに長時間かかった。

We’ve got an unknown solvent leaking from a tank.
 タンクからなにかわからない溶剤が漏れている。

これがERに大混乱をおこします。(4th season 第15話 その3「シャワー」 参照)

HazMat’s setting up for decontamination.
 Haz-Mat:hazardous material:危険
    この回ではその処理班のことを指しています。
 decontamination:除染  ⇔ contamination

■20分33秒–
やっと病院に到着しましたが、ERは化学汚染されています。

He needs X-rays, peritoneal lavage and immediate surgery on his arm.
 peritoneal lavage:腹腔内臓器損傷の診断のためにおこないます。

■29分10秒
peritoneal lavage は陰性なので上肢の手術に行きます。

■31分52秒–32分10秒
Dr Cordayは手術にのぞんでいます。

Can we salvage the limb?
 腕を救えるでしょうか?
  salvage:救う。 サルベージ船:沈没した船などを引き上げる。
  limb 四肢

■38分28秒–39分07秒
手術は終わりました。でも残念ながら腕が切断されています。

We had to take his arm anyway.

I have to tell Leo about his arm when he wakes up.
 麻酔から覚めたら腕のことを話しなければ。

せっかく頑張ったけれど、残念でした。

confined space

「ER」目次へ


このページの上部へ