島根大学 医学部救急医学講座 附属病院救命救急センター
ポリシー 人と環境 人材募集 研究と活動 インフォメーション
ジェネラリストとは 救急医学講座と救命センター 専従医 研究・業績 問い合わせ
活動環境 復帰医師・非常勤医師 教育活動 アクセス
スタッフ  
ポリシー

「ER」4th season 第15話 その2  「化学汚染」

ERが化学汚染されて大混乱となります。
この15話の題「緊急脱出」:原題 Exodusは “出エジプト記” にちなんでいます。
 (海が割れる場面が有名ですね)
ERの患者が皆避難する場面からつけられました。

■17分16秒–19分14秒
化学薬品に汚染された傷病者が、同僚のトラックで直接運ばれてきます。
(救急隊なら除染してから搬送するのに…)

 bag and seal the clothes:衣類を袋に密閉する。
 Benzen:中毒症状は頭痛・眩暈・痙攣・意識障害などがあります。
Dr Weaver が倒れてしまいます。
 Ativan:抗痙攣薬の名前です。

■19分37秒–22分50秒
double bag all of the contaminated clothes.
 
汚染された衣服を二重の袋に
 contamination:汚染  ⇔ decontamination 除染

Did you call HazMat? 
  汚染の処理班を呼んだのか?
They’re on the way. 
こちらに向かっているところよ。
 Haz-Mat:hazardous material:危険物 ここではその処理班のことを指しています。

次々に搬送される患者。ERは大混乱に陥ります。
Dr Carter は全員ERから退避させる決断をします。

We’re going to evacuate the entire ER. 
 evacuate:退避する

ここで重要なことは汚染された人は屋外へ、そうでない患者はcafeteriaへと
分けたことです。指示するDr Carter があたかもMoses のようです。

Send home any non-urgent cases now.
 緊急でない患者は帰宅させろ。

■22分58秒–23分34秒
Jerry が緊急時のmanual を探していますが、種々のマニュアルが多すぎて
肝心なときにわからない。これも緊急時によく起こる問題です。
積み上げられたマニュアルが皮肉です。

■23分48秒–24分20秒
cafeteriaが臨時のERとなっています。

■24分20秒–24分30秒
汚染された人は駐車場です。

■24分30秒–25分30秒
 coronary artery disease:冠動脈疾患 すなわち狭心症か心筋梗塞です。
 dopamine drip:ドパミン(昇圧剤)の点滴をしているので重症です。
 ACLS:advanced cardiac life support

■27分00秒–28分18秒
 駐車場でシャワーを使って除染が行われています。
 warm zone  汚染された人のゾーン
 cold zone   汚染されていない人のゾーン
ERはHot zone と言っています。汚染された区域なので、より危険です。

warm zoneの人はシャワーを浴びて除染が済んだらcold zone に移ります。

warm zone and cold zone
  
■29分10秒–30分16秒
 cafeteriaが臨時のERとなっています。
 Dr Carter が臨時の隊長です。

■32分48秒–34分33秒
呼吸困難の患者が出ました。Dr Carter が助けに入ろうとします。
warm zone なのでsuit :防護服を着ないとだめです。
「じゃあそれを着せてよ。」「着るのに15分かかります。」

というわけでDr Carter はwarm zone に入ってしまいました。
「あと数分で除染が終わるので待て。」「そんなの待てないよ。」

入ってしまったDr Carterを救急隊長が “He’s dirty now.”  汚染されてしまった。と言っています。

Dr Carterが挿管しています。
 EMT:emergency medical technicianおよびParamedicは日本の救急救命士にあたる。
みるみる呼吸状態がよくなりました。
でもDr Carter はシャワーを浴びなければなりません。

■34分54秒–35分20秒
おかげでこの患者は良くなりました。

「ER」目次へ


このページの上部へ