島根大学 医学部救急医学講座 附属病院救命救急センター
ポリシー 人と環境 人材募集 研究と活動 インフォメーション
ジェネラリストとは 救急医学講座と救命センター 専従医 研究・業績 問い合わせ
活動環境 復帰医師・非常勤医師 教育活動 アクセス
スタッフ  
ポリシー

「ER」4th season 第8話 その2「内臓逆位」


■7分00秒–8分05秒
12歳の男児が交通事故で搬送されてきます。
腹部は膨満し腫瘤を触れます。
GCS7と重症です。(巻末参照)
Crit:hematocrit27と減少しています。

左なので最初は脾臓損傷を疑っています。
しかし、胃泡の位置がおかしい。

His abdominal organs are reversed.

 reverse:逆転する
     (裏返しでも着ることができる:リバーシブルreversible)

内臓の位置が左右逆になる状態を内蔵逆位と呼びます。

This is one in a million.
 100万人に1例。 

と言っていますが、それほど稀ではありません。
5000人に1例程度といわれています。
ただ、すべての内臓が逆転する完全型と、部分的に逆転する場合があります。

その前のフレーズ

The film is mislabeled.

レントゲンを撮影する際に左右がわかるように、ラベルを同時に撮影します。
この内臓逆位を、フィルムの間違いだと思いこまないためです。
(以前はフィルムだったので、このドラマのように裏返しでみてしまう
  間違いが起こりえたのです。)

Page Romano.

page:呼び出す。このドラマでよく出てくる言葉です。

■9分11秒–9分55秒
Situs inversus:内臓逆位(ラテン語)

外傷の報告例はない。などと言っていますが、この時点でも報告はあります。

その3に続く

「ER」目次へ


このページの上部へ