人材募集

地域と大学を結び世界に発信する救急医療を目指して

現状

現状
  • 年間救急車2,500台、救急外来受診者数1万5千 → 1日 30~50名の救急受診
  • 救急科医師+院内各科からの診療支援医師で診療

目標

目標
目標

第1段階

救急科専属のスタッフのみで救急外来業務を行う

第2段階

複数の診療科領域にまたがる全人的な治療を要する患者や、高齢者救急などの入院主治医になる

第3段階

人工呼吸を要する重症患者の主治医になる。特に呼吸不全患者は患者集約化に努める

第4段階

へき地の救急総合診療医との人材交流を進める

求める人材

空を見上げる男女のドクター

上級医

  1. ER型救急のリーダー的存在となれる医師
  2. ECMOセンター化も見据えた、重症患者管理もできる救急・集中治療医
  3. コンスタントに学位を出せる研究基盤を構築できる医師
  4. 地域とつながる救急医療を創造できる医師
熱心に話を聞く研修医たち

初期~後期研修医

  1. 総合診療とオーバーラップする救急医療を実践したい医師
  2. 3次救急専門、Acute Care Surgeryの研修もしたい医師
  3. ERでの屋根瓦式教育体制の構築を行いたい医師
  4. 研究もしたい医師
青空の下に集まるドクターたち

全員

  1. 野心
  2. レジリエンス
  3. 臨機応変

を持った医師

お気軽にご質問などをお寄せください。